まつげエクステ クレンジング

≪ まつげエクステも大丈夫なのはコレ!≫ クレンジング人気ランキング
≪ まつげエクステも大丈夫なのはコレ!≫ クレンジング人気ランキング

先に人気のクレンジングを知りたい方は、「2. まつエククレンジング人気ランキング」へ移動してください。

近年はまつげを綺麗に見せるためにマツエクを多用する女性が増えてきましたが、そのマツエクを使う上で注意しなければならないのがクレンジングです。

普段通りの方法でクレンジング用品をしているとマツエクが長く使えなくなってしまうことがあるので、最適なアイテムおよび方法でクレンジングを行いたいものです。

目次

1. マツエクに適したクレンジングの選び方

マツエクをした状態でクレンジングをするのであれば、ローションタイプやジェルタイプといったできるだけ水分が多く含まれている製品か、油分が少ない製品を選びましょう。
水分が多いクレンジング用品を使うと、マツエクの弱点である摩擦を抑制し、顔に潤いを与えながらメイクを落とすことができ、油分が少ない製品を使うとまつげとエクステンションとの接着力を維持したまま顔のケアを行うことができるからです。

逆に、絶対に使ってはいけないのは拭き取りタイプのクレンジング用品です。
これは、マツエクの本体が繊維に絡まってしまう可能性があることと、シートの成分に油分が含まれていることが主な理由です。
拭き取りタイプの製品は手軽にメイク落としができるのが大きなメリットですが、マツエクを多用している人にとってはデメリットの方が大きいので、他のタイプの製品を選ぶようにしましょう。

2. まつエククレンジング人気ランキング

1位

DUO クレンジングバーム

DUO クレンジングバーム

2週間分のお試しキャンペーンを実施中!

特別価格: 1,980円

内容量: 45g(約2週間分)

まつげエクステにダメージを与えるオイル・界面活性剤は不使用です。

肌にのせるととろけるクリーム状のバームがアイシャドウなどになじんで、目のまわりもこすらずに優しくメイクを落としてくれます。

2位

モイストゲルクレンジング

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

W洗顔不要なので、めんどくさがりな人に人気!

特別価格: 2,848円

内容量: 150g×2(約2ヶ月分)

保湿成分だけで、ポイントメイクはもちろん、皮脂汚れまで包み込んで落としてくれます。

クレンジングと洗顔の面倒なダブル洗顔がいらないのもうれしい!

今だけもう1本(1ヶ月分)プレゼントのキャンペーン中です!

3位

オルビス クレンジングリキッド

オルビス クレンジングリキッド

するっと浮かせて落とすから、マツエクも長持ち!

価 格: 1,440円

内容量: 150ml(約1.5ヶ月分)

まつげエクステにダメージを与えるオイルなどは一切不使用のクレンジングリキッド。

バツグンの洗浄力でアイライナーなどのアイメイクもするっと浮かせて、スッキリ洗い流してくれます。

4位

DHC薬用ニューマイルドタッチクレンジングオイル

DHC薬用ニューマイルドタッチクレンジングオイル

やっぱりクレンジングはオイルタイプという人に!

価 格: 1,440円

内容量: 150ml(約1.5ヶ月分)

水分と一緒にメーク汚れや皮脂などを包み込む、オイルタイプで唯一のまつエク対応のクレンジング。

オイルならではの洗浄力で、アイメイクからしっかりメイクまで安心して落とせます。

5位

ウドエッセンス リキッドクレンジング

ウドエッセンス リキッドクレンジング

敏感肌の人にも人気!濃いアイメイクもするっと落ちる!

価 格: 2,800円

内容量: 180ml(約1.5~2ヶ月分)

マツエクを美しく保つウドエッセンスを配合し、濃い目のアイメイクもこすらずにするんとオフ。

ニキビ・肌荒れの原因菌・皮脂汚れも落として、肌を整えてくれます。

3. マツエクを長持ちさせるコツ

3-1. マツエクを長持ちさせるクレンジングのコツ

マツエクを長持ちさせるクレンジングのコツは、基本的にオイルフリーのタイプを使用する事です。

アイシャドーなどの目の周辺の化粧は、コットンでクレンジングをする際にマツエクにつかないように気をつけます。
アイラインなど目の際の化粧を落とす際には綿棒を使用してマツエクに直接つけない事が重要です。
強くこすらないように注意をする事が、摩擦に弱いマツエクを長持ちさせるこつになります。

コットンはきちんと化粧がおちるまで、無理にこすらず何枚か使用しておとすようにします。
リキッドタイプだと比較的に簡単に、これらのアイメイクが落とせますが化粧品選びが大事です。

オイルに弱い性質があるので、成分に含まれていないものを選ぶのがポイントです。
マツエクは、水分に弱いので、リキッドタイプのクレンジングでも直接つかないように気を付ける事が大切です。
洗顔などでぬれた後は、きちんと乾かす事で長持ちしやすくなります。

マツエクはクレンジングや洗顔の際に注意をする以外に、日ごろの手入れをする事で長い期間、綺麗な状態で使用する事が可能です。
美容液を使用するなどのケアをする事で、施術後の状態に近いマツエクを持続させることができ、経済的な負担が減ります。

3-2. マツエクを長持ちさせるお手入れのコツ

目元を洗顔するときには、目元には泡をのせるだけにしておきます。
泡で優しく包み込んで、濯ぐだけで良いでしょう。

また洗顔後の乾かし方にも注意が必要です。
洗顔後はタオルで拭けばよいのではないかと思っている人が多いと思いますが、マツエクは非常にデリケートであるため、タオルの繊維に引っ掛かったり、擦ることで取れやすくもなります。

接着剤のグルーは、水にぬれた状態が続くと剥がれやすくなることから、洗顔後はタオルで擦らずに、ティッシュなどで優しく水分を拭き取ります。
その後、弱めの冷風で30秒ほどまつげを乾かすと、マツエクを長持ちさせることにつながります。